| 

月の撮影テクニック

月は昔から風景写真撮影の格好の被写体として捉えられてきました。 月の撮影においては、どのタイミングで撮影にのぞむかがカギとなります。 朝方や夕暮れ時の満月を狙うのか、深夜の月を狙うか、などです。朝方や夕方においては、そらにはまだ明るさが残っているので、それほど露出に神経質にならなくても適正露出をえられることが多いです。 空全体がそれほど明るさがない状態での撮影になるため、若干のマイナス方向の露出補正を加えてあげることで、適正露出を得ることができることが多いです。 また、月の撮影においては、日中と違って光量が少ないので、三脚は必須のアイテムとなってきます。 またケーブルレリーズなどの併用により、カメラに手を触れることなく撮影を行うことが必要になります。

月の撮影では、ファインダー内に月だけをクローズアップすると、いわゆる「日の丸写真」になりがちなので、何らかの「脇役」をファインダー内に入れてあげることが重要です。 それは一概には言えませんが、例えば雲を一緒にファインダーに入れてあげるとか、木々の間から見える月を捉える、などです。






よく考えよく気合を入れて学資保険に望まないといけません。どんな教育を期待するかで学資保険の考え方は変わってきます。よく比較検討して意思決定をしましょう。それがキモです。-

どんな保険を選ぶのかは随分と苦労するのが当たり前です。保険見直し選択法、つまりどうしたら満足のいく生命保険の見直しをしていくのか。大切なことなのです。うまくいくか心配になったらみつばち保険ファームを訪ねましょう。-

次を読む≫