| 

氷の撮影テクニック

氷というのも、風景写真においては格好の被写体となります。 その透明感や様々な形をした氷を美しく撮影することはとても楽しいものです。 また早朝に氷の撮影を行う場合、その周辺の色温度の高さから、凍り全体が青みがかって撮影が出来るため氷の持つ冷たさや美しさを表現することが可能になります。氷が成長する様子を撮影していくのもまた情緒深いものがあります。特につららに代表されるような氷です。 こうした氷は日々成長したり形を変えたりするので、見逃せない被写体であると言えます。 また、虹の撮影と同じように、PLフィルターを使用するという方法もあります。 PLフィルターを、PLフィルターの効果が最も低い位置に調整して撮影することにより、氷のなかに入ってきた光の反射具合により七色の光を撮影することが出来るのです。

こうした氷の撮影においては、スローシャッターになりがちなので、やはり三脚は必須のアイテムになります。 また当然季節は冬なので、防寒のための装備も欠かせません。 家の軒先での撮影ならまだしも、本格的に渓流に入っていくなどの撮影では、通常の靴ではなく、胸の辺りまである胴着を着用すると撮影の機会が増えます。






自動車共済に火災共済、そして生命共済。いろいろな種類の共済商品があります。各共済の内容も対象も考え方も随分と違うものです。共済はしっかりと考えることとがポイントです。共済は比較が大切です。-

生命保険の保険相談もあります。後で後悔のすることのない生命保険を選んでいくことは気楽にできることではないのです。生命保険は生涯の負担で見れば支払い続けることになる掛け金の合計額はマイホーム購入に次ぐ支出額と言われるもので、また自分自身を含む家族全体のリスク保障を託すというものなでそれなりに努力して選ばないといけないのです。だから専門家に生命保険相談をしてもらいいい保険の組み合わせができるようにしないといけないのです。-

次を読む≫