| 

雪の撮影テクニック

雪の撮影は、氷の撮影と同様に冬の風物詩として格好の被写体となります。雪は当然白いので、露出補正なしでは18パーセントグレーに移ってしまいます。 そのため、通常はプラス方向への露出補正が基本となります。 しかしあまり過度に露出補正をすると、雪が白く飛んでしまうことになります。 ここが雪の撮影でいちばん難しいところです。 白とびを起こさない程度にプラス補正を行うのです。 フィルム一眼レフカメラでは、段階露出等で複数枚撮影をしていましたが、デジタル一眼レフカメラでは撮影して直ぐに確認が出来るので、露出補正の調整がしやすくなります。

またカメラによってはヒストグラムも表示されるため、白とびの具合も確認が容易になっています。雪の撮影では、広角レンズを用いて木々に降り積もった雪の情景を撮影するのもよいですし、マクロレンズを用いて葉1枚に積もった本のわずかな雪を捉えるのも、印象的な写真を撮ることが可能です。 しかしファインダー内に見える世界は基本的に白が多く、モノトーンな世界です。 そのため、ともすると単調な写真になりがちです。 移したい被写体と脇役を明確にする必要があります。






デパートの一角などでも保険の相談を受け付けてくれる保険の店舗がかなり多くなっています。保険代理店ばかりでなく保険会社までショップの大規模展開をしています。保険や医療保険を迷わずに選択することは困難を伴います。保険のショップ。保険ショップで無料の保険相談をしてもらえば楽になります。-

無料でFPと相談できる生命保険無料相談サービスがあります。様々な生命保険はどんな専門の人と相談をするのでしょうか。どんな立場の人にお願いするかはとても重要な事項です。生命保険無料相談サービスについて検討対象として見ましょう。生命保険選びはこのように考えることがポイントです。FPつまりファイナンシャルプランナーで生命保険。-

次を読む≫