| 

雲の撮影テクニック

雲は空を見上げると大抵は存在し、風景撮影においてフィルム一眼レフカメラでもデジタル一眼レフカメラでも、どちらにおいても無視できない存在感のある被写体です。初心者が良く使用する測光方法である多分割測光では、雲に対して露出の補正量が足りずに、雲が灰色っぽく写ってしまうことが良くあります。 そのため、撮影しようとしている雲に対して、中央部重点測光かスポット測光を用いて露出補正をプラス側にすると、意図するような雲の撮影が出来ることが多いです。 中央部重点測光にしてもスポット測光にしても、雲の持っている「白色」の階調を綺麗に表現してあげることが必要になります。

またPLフィルターを用いて周辺の空の青さを引き立たせることでそこに浮かぶ雲もコントラストの効いた綺麗な雲を表現することが可能です。またフレーミングも非常に重要です。 雲は常に変化をしているため、構図に悩んでファインダーを見ているうちに雲が動いてしまうことはよくあることです。 そのため、全ての動作、つまり撮影位置からフレーミング、露出量、光の方向、等々を素早く決定していく必要があるのです。






保険の競争が進んだことで意外な金額で入れる保険も見かけるようになりました。自ら保険比較をするという選択肢ができるようになりつつあります。ライフネット生命が生まれその安い保険を検討してみましょう。-

住宅ローンを乗り越えればマイホームが見えてきます。簡単だと思うと失敗するのが住宅ローンをどう着地させるかという問題です。経験者の話を聴くことで住宅ローンをかかえた人生を考えるという問題も何とかなるのではないでしょうか。引っ越し代その他いろいろな負担まで考えないといけないという心配もありそんな難しい考えに直面しないといけません。住宅ローンで頑張りましょう。-

次を読む≫