| 

フレーンミングの決め方

フレーミングにおいては、これまでどおり、「黄金比」がもっとも美しいと言われています。 黄金比とはミケランジェロやレオナルド・ダ・ビンチ、エジプトのピラミッドなどに用いられているもので、1:1.618の比率で撮影するともっとも美しく表現できる、というものです。上記の黄金比に基づくフレーミングの基本は、フィルム一眼レフカメラもデジタル一眼レフカメラも変わりません。 よく言われる、メインとなる被写体をファインダーの真ん中に持ってきてしまう「日の丸写真」ではなく、湖などを撮影するときには水平線を中央に持ってこないフレーミングを採用したり、山の撮影においては空と山の稜線を中央付近に配置しないなどです。

こういたフレーミングはやはりファインダーから景色を見たときに、しっかりと四隅まで見渡し、カメラを様々に動かしてみて最良なフレーミングを決定することです。 いちばん基本として言われていることは、ファインダーの縦と横を三分割し、縦と横の線の交わったところ4箇所のどこかにメインとなる被写体を置くと美しい写真が得られるということです。






コマーシャルなどで生命保険の保険通販がかなり多くなっています。保険代理店ばかりでなく保険会社までインターネットによる保険や医療保険を見ましょう。インターネット保険で保険選びを対応してもらえます。それが保険選びのポイントです。-

自動車保険や医療保険をどう比較するかは随分と面倒なことなのです。いろいろな保険などを考えようとすると結構苦労するはずです。落ち着いて商品を選ぶことも大切です。多くの保険のの検討は重要です。ゆっくり考え比較してそれが重要です。多様な保険の比較ができます。-

次を読む≫