| 

適正露出の決め方

写真撮影において、多くの人の悩みであり永遠のテーマともいえるのが露出補正です。 これはデジタル一眼レフカメラにおいても同様に、非常に難しい課題と言えると思います。大抵のカメラには、露出計が内蔵されています。 この内蔵されている露出計は反射光式露出計と呼ばれるものと同一の性能を持っています。 この内蔵露出計は全ての反射光は18パーセントのグレーになると仮定して露出値を決定しています。 これはどういうことかというと、18パーセントのグレーの被写体であれば露出補正は必要ないですが、それ以外の色の被写体の場合はプラスかマイナスかの露出補正をしないと、意図しない明るさになる可能性があると言うことです。

基本的には、18パーセントグレーよりも明るい被写体に対しては、プラス側への露出補正が必要になり、18パーセントグレーよりも暗い被写体に対しては、マイナス側への露出補正が必要になります。 今までのフィルム一眼レフカメラの場合は、撮影したフィルムが現像されるまで確認できませんでしたが、デジタル位置がんれるカメラでは撮影した画像をその場で確認できるため、露出のミスを即座に修正することができます。






 保険について考えることは、自分にとってのちゃんと考えるという問題です。簡単なことではありません。JA共済など、保険以外にもあります。多くの共済商品が販売されています。そしてそれぞれに与えられた役割は違います。色々な種類の共済を比較検討するのは大変です。-

生命保険の相談をすることで損しない生命保険を悔やむことなく考えることが可能になります。保険の相談のチャンスもあります。考えなくてはいけないのは保険ショップで生命保険相談。よく比較検討して最終的に保険を選びましょう。生命保険を自分で決めることはそれはやさしいことでないのです。-

次を読む≫