| 

絞りによる撮影効果

デジタル一眼レフカメラであっても、フィルム一眼レフカメラであっても、使用するレンズの構造は同じなので、レンズの絞りの効果を知っておく必要があります。一眼レフカメラは、カメラ側のレリーズ時にレンズの絞り羽根を調整することで、フィルム一眼レフカメラであればフィルム面、デジタル一眼レフカメラであれば撮影素子に受光する光の量を調整しています。 基本的には、絞りを開けると被写界深度が浅くなり、絞りを狭くすると(絞る、と言うことが多いです)被写界深度が深くなります。 この現象は望遠レンズにより顕著に現れます。 望遠レンズにおいて絞りを開放にして撮影した場合、ピント面付近のみがシャープに写り、それ以外の近いところと遠いところは大きくボケた画像を得ることができます。

逆に絞りを絞って撮影すると、被写界深度が深くなるため、ピント面前後のシャープに写る範囲が広くなるのです。広角レンズにおいても同様のことは言えるのですが、広角レンズはもともと被写界深度がとても深いレンズであるため、望遠レンズほどの効果は見られないのが特徴です。






医療保険や生命保険収入保障保険や節税の保険のことを積極的に勉強しましょう。これまで興味がなかったことがかなりあることに気付きます。医療保険や生命保険そして養老保険やミニ保険会社の保険そして一時払い終身保険と複雑です。最初に保険マンモスで相談することを考えてみましょう。-

確り比較し検討して保険を考えましょう。それが保険選びで大切なことなのです。気合を入れて保険の見直しを検討しましよう。過去の病歴等により保険料その他に差が生じてきます。保険見直しは重要な注意点です。-

次を読む≫