| 

シャッター速度による撮影効果

レンズの絞りと共に、露出量を決める2つ目の要因がシャッタースピードです。特に、滝や渓流の流れなどを撮影する際に、シャッタースピードをコントロールして撮影することが求められます。 そもそもシャッタースピードのコントロールと言うのは、カメラ側のシャッター幕の上下動のことをいいます。 例えばシャッタースピードを100分の1に設定している場合、シャッター幕は100分の1秒だけ開くことになり、フィルム一眼レフカメラならフィルム面に、デジタル一眼レフカメラなら受光素子に100分の1秒だけ光が当たることになります。 滝などにおいて、シャッタースピードを1秒で撮影したときと、250分の1程度で撮影したときとでは、えられる画像に大きな差が生まれます。

1秒で撮影すると、滝の流れが絹の糸のように表現されるのに対し、250分の1では滝の流れは止まって写りダイナミックさが伝わってきます。このようにシャッタースピードの変化によって伝わる印象が変化するのです。 また、撮影時に良く聞く手振れはレンズの1/レンズの焦点距離と言われており、被写体ブレを止めるには250分の1以上の速度のシャッタースピードが必要とも言われています。






保険ショップでは生命保険をあらかじめ考えておけば意外にスムーズに解決したりします。後悔しないように解決するためにはどう考えますか。どのような立場の人に相談しますか。オフィスビルの一角で保険見直し本舗見かけるようになりましたここでの生命保険の生命保険のFPやアドバイザーと呼ばれる人も増えているようです。-

万一のリスクを悩むようになるのは結婚した時ということが一般的のようです。そんな人生のターニングポイントで自分が支える家族の生活費と生命保険をあらためて考えるようになるのです。保険ショップが大切になります。ライフプランや人生設計のことをよく知りましょう。保険ショップです。-

次を読む≫