| 

撮影画像の削除と保存

フィルム一眼レフカメラでは、撮影した画像はフィルムとして残っていましたが、デジタル一眼レフカメラにおいては、電子データであるがゆえに、削除は一瞬にして行われてしまいます。 これは初心者の方は必ず1度は経験することだと思います。 カメラ側にも、記憶媒体の初期化には複数のボタンを押すことを定義しているカメラも多いです。 それにより初期化の防止をしているわけです。ですが、撮影データのいちばんいい保護方法は、撮影したデータはなるべく早くパソコンはストレージデバイスに移してしまうことです。 こうすることで、デジタル一眼レフカメラに入っている記憶メディアでの誤操作にも安心です。また撮影を繰り返していくと、少しずつ写真が増えていきます。

気づくとパソコンのハードディスクが満杯、などということもおきてしまいます。 そういった状況を防ぐためにも、古くなった写真はDVDに保存してパソコンのハードディスクからは消去してしまったり、またはハードディスクを増設する、などの対処策が必要になってきます。 またハードディスクの故障時の対処としても別のハードディスクにバックアップ用として保存をしておくのも大切です。






ガン保険をご存知でしょうか。ガン保険は医療保険とは違いガンでの手術や入院による給付金が支払われます。入院することによるかなりの費用がかかります。まかなうための生命保険です。ガン保険について考えることも大切です。-

相続の問題について事前に考えていれば意外にスムーズに解決したりします。解決できるのかは相続税申告をすることを簡単に考えないことです。相続税についての問題は資産をたくさん持っているのなら簡単な問題ではありません。相続対策の問題は正面から向かい合うことが大切なことになります。-

次を読む≫