焦らすということ

未分類

前回「素人好き」と豪語しましたが、体験談を一つ紹介したいと思います。

その日はまだ寒い3月の郡山駅構内でのお話です。
長い長い出張から帰って来た私は、そそくさと改札へ向かっていました。
階段を降りるときに、足首に強烈な痛みを覚えた私は、そのまま5、6段足を滑らせて転げ落ちてしまいました。
あの痛みは今でも忘れませんが、下手したら首の骨を折って大変な事になっていたかもしれません・・・。
あまりの痛みと恥ずかしさで、しばらく挙動不審な感じになってしまいましたが、ふと気づくと、一人の女の子が散乱したバッグの中身を拾ってくれていました。
私はお礼がしたいと伝え、すぐ近くのレストランで晩御飯をご馳走しました。

しばらく話をしているうちに、彼女の職業がデリヘル嬢だということに気づき、私はさりげなくお店の名前と源氏名を聞き出しました。
そして時間も時間だったので、食事を終えるとお互い帰宅しました。

3週間ぐらい経ったある日、足首が疼くとあの女の子の事を思い出しました。
確かメモ帳に店名と源氏名をメモっていたはず・・・。私は鞄からメモ帳を取り出すと、該当のページを探し、そのままお店に予約を入れていました。
ホテルへ着くと、予約した時刻にあの女の子がやって来ました。
しばらく不審そうに私の顔を眺め、料金を支払う時に思い出したのでしょう、目を丸くして「あの時の郡山駅の人ですか?」と尋ねて来ました。
私は首を縦に振ると、女の子の目が爛々としてきて、嬉しそうに抱きついて来ました。

どうやら3週間もの間、私のことを気になってしかたがなかったようです。
私たちは、恋人のように抱き合いながらキスをしました。
そして、あっという間に裸になり、私は彼女のあそこを執拗に舐めまくりました。
これまでの出会いが特殊だっただけに何か興奮するのです。
おそらく、彼女も同じことを考えているのでしょう、彼女のあそこからはねっとりとした白濁したすけべな液体が、ハラハラと滴り落ちています。
私はその恥ずかしい液体を指ですくい上げ、クリトリスを直接刺激しました。
彼女は辛抱堪らなくなり、私のものを咥えて懇願してきました。焦らせば焦らすほど体をくねらせてせがんで来ます。
あまりにもしつこかったので、ちょっとだけ、彼女に指を入れてみました。
まだ第一関節しか入っていないのに、彼女ときたら今にもイってしまいそうな素振りを見せています。

私は次回につなげようと思い、彼女をイかせるギリギリのところで止め、自分だけ気持ちよくなり、続きは次回でという事でホテルを後にしました。
こうして他の客と違うところを見せておけば、彼女の記憶にも強く刻まれるでしょう。
私はそれが狙いだったのです。

回はいつ来るのか、これも焦らし作戦でギリギリまで焦らしてみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です